主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 浮気問題 > 夫の浮気相手はニートだった、こんな場合慰謝料請求はできるのか

夫の浮気相手はニートだった、こんな場合慰謝料請求はできるのか


浮気相手がニート

夫に浮気された結果
浮気相手に慰謝料請求!

しようと思ったけど
ニートだったら???

パートナーと離婚しなくても
浮気相手に請求できる慰謝料。

もちろん、離婚する・しないで
請求額は変わってきます。

またもうひとつ。

浮気相手の財産・収入でも
変わってくるのです。

夫に浮気されて、
その相手に慰謝料請求。

これは別に問題ないことです。

しかし!

夫の浮気相手がニートだった場合、
慰謝料をもらうことができません。

給料や財産が無ければ、
差し押さえるものがない
ということです。

では親へ請求は?というと、
残念ながらできません。

不貞行為の確実な証拠があっても、
慰謝料がもらえないなんて・・・

と思うかもしれませんが、
浮気相手と夫の悪知恵のケースも。

お金に自由が効く旦那なら
囲うことだって
できちゃいますからね。

「遊びだったのよ~」的な
ポンと手切れ金をくれるような
金持ちな浮気相手もイヤだけど

ニートで請求はできないわ、
夫に養われてたら
あり得ない話です。

ただ・・・
この慰謝料請求。

泥沼化して
夫との関係が修復不可能に
なることも。

夫と離婚する気が無くても、
結果的に
夫との夫婦関係がなくなるなら

もらえないお金を請求して
しがみつくのは
デメリットでしかありません。

分散してもらう方法もあるけど、
夫に反省してもらって

再構築をするのが一番です。

夫の浮気で慰謝料でもめるなら、

浮気相手とはしっかり切ってもらい、
(書類作成するのも良いでしょう)

しっかり働いて
しっかり養ってもらいましょう。

もちろん!

やり直してみたけど
どうしてもダメというのなら、

そのときに
夫からしっかり慰謝料を
いただきましょうね。





浮気相手が反撃!?明らかにわかる嘘は弁護士に相談を



浮気相手が反撃

夫の浮気相手に
慰謝料請求したら
嘘で言い返してきた・・・

そんな場合は
どう対処したら良いのでしょうか。

夫の浮気は
離婚する・しない関係なく
浮気相手に慰謝料請求ができます。

しかし、この慰謝料請求。

時と場合によっては、
逆に相手から請求されることもあります。

そしてその中には
納得できないことをしてくる場合も。

例えば、
浮気相手が既婚者の場合。

相手側の夫から自分の夫に
慰謝料請求されることがあります。

でも、これは仕方ないことですよね。

相手の夫と自分は同じく
「パートナーに浮気された」
立場なのですから。

しかし、問題は浮気相手の反撃。

・既婚者とは知らなかった
・夫婦関係が破たんしていると聞いていた

もし、これが本当であれば
それはそれで問題です。

特に相手が独身女性ともなれば、
場合によっては損害賠償なども
発生してしまう可能性があるのです。

でも、未婚・既婚関係なく
これが嘘だとしたら?

それはそれで、また問題になるのです。

そうならないためにも、
・不貞行為の証拠を集めておく
・こういう場合の対処法を聞いておく

そして、
不倫・浮気に強い弁護士を味方につけること!

またこういうトラブルを防ぐためには
浮気相手が知っていることを
きちんと把握しておいてくださいね。

慰謝料請求された時点で、
現実に目覚めて
夫の恋も終わるかもしれません。

でも、一度壊された夫婦仲や
妻の「許せない」感情は

元に戻せませんからね。

浮気相手が嘘をついていれば、
さらなる罪が科せられることも。

そのためには、浮気相手のことも
弁護士に伝えておくことが重要!

やるときはきちんとやって、
相手が二度と言い訳できないように
していきましょう。