主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 離婚問題 > DV夫、スイッチが入ると話せない!離婚話はどうする?

DV夫、スイッチが入ると話せない!離婚話はどうする?


離婚話のできないDV夫

離婚話のできない
DV夫にはどう対応するか。

離婚話をする時には
冷静に話ができないことも。

特にDV夫は
スイッチが入ると
暴力でねじ伏せたりします。

そうなると恐怖心から
離婚を言い出せなくなって
しまうこともありますよね。

また典型的なタイプで
急に優しくなる・・・。

でも、そんな生活を続けると
心も体も壊れてしまいます。

『暴力=黙る=現状維持』

この方程式が成り立つうちは、
変わりません。

では、そんな夫への離婚話は
どうしたら良いのでしょうか。

まずDV夫は
スイッチが入ると話せないので、
スイッチを入れさせないように
しましょう。

「人前でもどこでも関係ない!」
と言う場合には
弁護士に相談をしたり、
調停をするようにしましょう。

また外面が良いと言う場合も、
第三者を入れること。

二面性をわかってもらえるよう、
DVの証拠などを残して
確認してもらってください。

この証拠は、
調停などでも役立ちます。

病院の診断書や写真、
日記などあらゆるものを
とっておくようにしてくださいね。

見つかるか不安な場合は、
信頼できる人に
預かってもらいましょう。

そしてどちらにしても離婚後
嫌がらせをされないように
書面に残しておいてください。

ただでさえ離婚は大変です。

精神的にも疲れます。

それなのに
最近は元夫・元妻の
ストーカーや痛ましい事件が
ありますよね。

一方的な思い込みや恨み、
そして復縁を拒否るすことで
最悪な事態を招くことも。

そのため、離婚が成立しても
最後までしっかり考えて
安心して暮らせるように
心がけてください。





普通とは違うDV夫と賢く離婚するなら優先すべき2つのこと



DV夫と賢く離婚

話し合いものできないような
DV夫と離婚するには
どうしたら良いのでしょうか。

怖くて言い出せない。
逃げられない。

DV夫に悩んでいる方は、
そんなツライ毎日を
送っていませんか?

まわりからすれば
「逃げ出せばいいのに」
ということでも、

暴力を振るわれていると
恐怖感が植えつけられて
逃げることができません。

それでも勇気を出して
決めたのであれば
考えてほしいのが

『賢く離婚するには?』
ということです。

DV夫の場合は、
何よりも優先にすべきことが
2つあります。

ひとつめは『離婚』

離婚するのだから
当たり前でしょ?
と思うかもしれませんが・・・

普通であれば、
慰謝料や養育費、
財産分与の話ができます。

でも、DV夫の場合は
慰謝料も養育費だって
支払われない可能性大!

養育費の取り決めはしても、
信用ができません。

また慰謝料に関しても
諦めた方が良い場合が
あります。

長引いて疲れてしまうなら、
弁護士に相談をして
引き際を考えていくと
良いでしょう。

そして『子ども』

子どもも暴力を振るわれて
いるのであれば、
早めの離婚が必要です!

一番優先にしてあげないと
虐待を受けたり、
最悪な状況になることも。

まずは先に家をでてから
話し合うなどして
出来る限り守っていきましょう。

賢く離婚するには
自分一人では難しいです。

普通なら協議離婚もできるけど、
DVで話し合いができないのなら

頼れる人は頼って、
使えるものは使って、

時には(今は)諦めることも大切!

自分や子どもを守るために
何よりも先に離婚することを
優先にしてくださいね。