主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 借金問題 > 意外に知られてない?専業主婦の救済策「配偶者貸付」

意外に知られてない?専業主婦の救済策「配偶者貸付」


配偶者貸付

貸金業法が改正されてからというもの、

借り入れ金額が年収の3分の1が
限度となったこと

専業主婦はキャッシングや
カードローンなど借り入れが
利用できなくなってしまいました。

というのも、借金が膨らみ
多重債務者や債務整理を行う人が
急激に増えたからです。

ということは、専業主婦は
もうお金を借りることが
できないのか?となるでしょう。

ご安心ください!
専業主婦のための総量規制救済策
として「配偶者貸付」があります。

配偶者貸付というのは、
配偶者の同意があれば

専業主婦であっても
借り入れができるものです。

しかし、ただ配偶者が「いいよ」と
言った簡単な同意ではありません。

お金を借りるからには
きちんとした条件があります。


同意書はもちろんのこと、
配偶者との婚姻関係を証明できる

書類、例えば住民票や
戸籍謄本などとなります。

ようは、夫と妻ということが
証明できる書類が必要です。

更には定められた一定金額以上の
借り入れが必要な場合は

配偶者の年収が証明できる
書類を提出しなければなりません。

書類だけならそれほど
難しいことではありませんよね

しかし中には主人に内緒で
お金を借りたいという
奥様も多いと思います。

ヤミ金などは配偶者の同意など
求めずにお金を貸してくれる
かもしれませんが、
絶対に手を出さないように!

残念ながらご主人に内緒で
ということは
できなくなってしまいました。

夫婦間できちんと話し合って
借り入れを行いましょう。




主婦だからこその落とし穴!?多重債務になってしまう理由



主婦と多重債務

多重債務者になる人は女性が多く、
更に主婦に多いという現状です。

なぜ主婦が多重債務者になるのか?

まずは生活費を補うために
キャッシングを利用し
始めることが大半です。

中には浪費により家計費を使い果たし
キャッシングに
至ったという方もいます。

手持ちのクレジットカードを使い
ATMで簡単に現金が
用意できるキャッシングです。

まるで預金を下ろしているかの
感覚で利用できてしまうのが
キャッシングの悪いところです。

しだいにキャッシング利用額が
膨らみ、また別のクレジットカードの
キャッシングを利用。

返済にあてるために
更にキャッシング利用を・・・

こうなると立派な多重債務者となり、
借金地獄に陥ってしまうのです。

しかし現在では貸金業法が
厳しく改正され、

専業主婦は新たな申し込みが
できなくなってしまいました。

その上、収入証明の提出を
求められます。

求められたところで
収入がない専業主婦ですので、
どうにもなりません。

提出をしなければキャッシング利用は
停止されてしまいます。

その上、クレジットカードの利用さえ
できなくなってしまう業者もあります。

となると、お金の借りどころは
ヤミ金と呼ばれるところしか
ありません。

貸金業法の改正では、
利息制限や必要以上の
取立ての制限など、

貸す側にも様々な
制限をされています。

そうなった今でも
ヤミ金という消費者金融は
存在します。

究極の状態に陥った主婦を
狙っているわけです。

しかし絶対に手を出してはいけません。
専業主婦でもOK!

他に借り入れがあってもOK!
などおいしい言葉を並べ誘ってきます。

とにかく自分ひとりで
解決しようとせずに
家族に相談をすること!

借金を減らす方法を考えるべきです。