主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 探偵の雇い方 > 夫につきつけるための探偵の報告書を選ぶポイント

夫につきつけるための探偵の報告書を選ぶポイント


報告書の選び方

夫に見せる探偵からの報告書にも
種類があるのをご存知ですか?

浮気調査は本気で離婚をするための
準備の人もいれば、

ただ単に夫にお灸をすえて
やり直すためのもの・・・

と言う場合もあります。


例えば浮気相手も既婚者で、
家族は仲が良いけど息抜き
程度の遊び、浮気。

そんな現状を知ることで、
夫が反省して

貢がされていることに
気付くかもしれません。


もちろん、夫が何を言おうと
どうなろうと離婚したい!
と思うなら、

裁判にも通用する浮気調査の
報告書が必要となります。

では、探偵の報告書のポイントに
ついてお教えします。


一番大切なのは、先ほど言った
ように「どんな目的で使うのか」。

簡単な浮気調査で報告書も
そこまで詳しくなくて良いのか

慰謝料請求をするための
証拠にしたいのか。

これをきちんと探偵に
相談するようにしてください。

探偵社によっては、報告書に
よって料金が変わることが
あるのです。

なぜなら、何に使うかによって
調査をする内容も
変わってくる可能性があるから
です。

裁判では細かな内容が必要になるし、
しっかりとした証拠の有無で
慰謝料請求が変わってきてしまうの
です。


また逆に、
写真は1枚顔がわかる徹底的なものが
あれば良いけど詳細が知りたいとか
浮気しているかどうかだけ知りたいとか
低料金で最低限の証拠だけが欲しい

などの希望もきちんと伝えておくと
良いでしょう。


いかがですか、調査内容や報告書にも
いろいろあります。

中には、探偵の報告書をショックで
見られないと言う人もいるかも
しれないけど、

慰謝料請求するなら重要に
なります。

夫に証拠をたたきつけるだけなら、
探偵に頼まずに

自分で尾行して乗り込む・・・
というのも、アリかもしれませんね。





夫に支払わせたい!探偵の調査費用を請求できるのはこんな時



調査費用の請求

探偵の浮気調査費用は夫に請求できる
場合とできない場合があります。

数十万から百万以上かかることも
あると言われる探偵の浮気調査費用。

その調査報告書を証拠として離婚を
したい人にとっては、

どうしても必要になることが
あります。

しかし、実はこの費用。

請求が出来る時とできない時が
あるのを知っていますか?

離婚した慰謝料を考えて、
費用は仕方ないと思うかも
しれないけど、

裁判になった時でも実は
きちんと請求できることが
あるのです。


夫が浮気をしている場合、
2つのケースがあります。

ひとつは、明らかに不貞行為が
分かる場合。

携帯電話のメールのやり取りで、
肉体関係があったことが
書いてあれば、

調査をしなくても浮気を
立証することができます。

しかし、もうひとつ。

夫がいろいろと証拠を消したり
隠したりしている場合。

この場合は、浮気調査を依頼
しなくては証拠を見つけることが
できません。

つまり、後者は調査が絶対に
必要=費用請求が認められやすい
ということ。

認められ・・・やすい?と思う
かもしれないけど、

裁判で認めてもらえるかどうか
というのは、100%言い切れません。

そして、この請求額も全額と
いうわけではなく、
その裁判によって違います。


また、裁判になる前に話し合いで
慰謝料を請求する時には、

一緒に探偵の調査費用も
請求することができます。

この場合に支払を拒否されたら
、裁判を起こすことはできますが、
どれだけ認められるかはわかりません。


調査費用の請求については、
探偵に調査した後に裁判をするなら、
最初に弁護士や探偵に
相談しておくと良いでしょう。


弁護士によっても考え方は
それぞれ違うけど、

調査しなければ証拠が
見つけられないとなれば、

プロだからそれ相応の対処を
してくれる&教えてくれるはずです。