主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 浮気問題 > その要求はNG!夫の浮気で慰謝料請求を失敗するパターン

その要求はNG!夫の浮気で慰謝料請求を失敗するパターン


慰謝料請求失敗

夫の浮気で慰謝料請求をするときに
失敗してしまうと

慰謝料が思うように
もらえなくなる場合があります。

夫が浮気をしたら、離婚する・
しないに関係なく

浮気相手には慰謝料請求できます。

また夫にも離婚する場合は
慰謝料請求ができるけど、

これだけの知識で請求を
してしまうと拒否されてしまうことも。

そこで今回はとくに失敗しやすい
パターンをご紹介します。

「夫が浮気をした=慰謝料がもらえる」

実はこれがそもそも
間違った考え方なのです。

例えば、浮気をする前に夫婦関係が
破たんしていれば
慰謝料請求はできません。

また浮気をしたとしても、
請求をする時にきちんとした
証拠がないと

「証拠を提示しろ」と言われて
見せることができなければ
拒否されてしまうこともあります。

浮気されたのに!?と
思うかもしれないけど、

だから不貞行為の証拠を
集めるために探偵に依頼する人が
多いのです。

もちろん、2人で話し合って
納得をして

「不貞行為をしましたが二度としません」

と言うような夫の署名付きの
念書があれば別です。

しかし何もなくて開き直られたり、
言い張られてしまえば
もらえるはずの慰謝料も
もらえなくなってしまいます。

そしてもうひとつ。

慰謝料が貰えるということで、
相場も何も知らずに請求したり、

同じ会社の人と浮気したからと
言って会社を辞めろなどの
ムチャをさせるのもよくありません。

夫が浮気相手を慰謝料や
トラブルからかばおうとするのに
余計ムカつくかもしれません。

しかし、突きつける内容が
あまりにおかしければ、かばったり、

時には弁護士などを
つけられてしまうかもしれません。

浮気相手に慰謝料請求しても
離婚をするつもりはないなら、
夫との関係も考えていくことが
大切!

結果的に夫婦関係が再構築
できなければ、待っているものは
離婚になりますからね。




ルールを守って安心!浮気相手に慰謝料請求する時のポイント



慰謝料請求とルール

浮気相手に慰謝料請求をする時には、
ルールがあります。

浮気をすることは悪いこと。

外道とも言われるし、
社会的に信用がなくなったりと
デメリットもあります。

しかし、だからと言って
浮気をした人に対して何を
して良いわけでもありません。

夫をムカついて殴るなんてことは
夫婦喧嘩の範囲内かもしれませんが、
浮気相手となれば、
そういうわけにはいきません。

では、絶対にしてはいけない
ことをあげていきましょう。

まず当然ですが
「違法行為」はNGです。

「お金なんていらないから
殴らせて!!!」

と言ったら相手がOK
してくれたからと言って
殴るのもよくありません。

また浮気の証拠を集めるのにも
知らず知らずのうちに
違法行為をしないように
心がけてください。

探偵は違法すれすれと言われますが、
その線引きができないなら、
プロに任せた方が安心ですよ。

この他にも
・会社に行く
・家や実家に押し掛ける
・嫌がらせや脅迫をする

というのも、違法行為な
だけではなく

自分がマイナスになるので
気を付けてください。

よくドラマとかにある借金の
取り立てみたいだけど、
今のご時世、闇金でも
早々そんな取り立てしません。

どうしても感情的に
なってしまいそうなときは、
探偵や弁護士をきちんと
入れて対応してもらいましょう。

トラブルを起こすと、
最悪脅迫罪や恐喝などで

自分が損害賠償を
請求されてしまうかもしれませんよ。

きちんとした証拠を
集めることができて

条件にあてはまれば
慰謝料請求はできます。

だからこそ、感情的に
ならないようにして

冷静に対応していくように
心がけてくださいね。

誰かに聞いて欲しい時は
無料相談でカウンセラーなどを
活用してみるのもオススメです。