主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 探偵の雇い方 > 実はNG!?自分で浮気調査をするリスク

実はNG!?自分で浮気調査をするリスク


自分で調査

浮気調査を自分でする方法は
実はリスクがあるのを
ご存知ですか?

最近ではインターネットで
検索すれば、山のように自分で
浮気調査をする方法が
たくさんあります。

でも、これって実は
一生懸命頑張ったとしても
意味が無かったり、

場合によっては大きな
マイナスになってしまいます。

プロの探偵でも失敗する
ことがあるくらいだし、

人数と費用が掛かることから
考えても神経も使うし、
大変ということですよね。

では、自分で浮気調査を
するリスクというのは
どんなものがあるのでしょう。

まずは
「裁判などの証拠にならない」

一生懸命山のように
集めた証拠でも、

肉体関係があったとして
不貞行為の証拠と
なるものは少ない場合が
あります。

電話やメールの記録にしても、
車に誰かを乗せた形跡が
あるとしても、

肉体関係にはつながらないことが
あるし、仮にホテルに入った
写真があっても

1回だけでは離婚が
認められないことが
あるのです。

浮気の証拠を集めて
確信を持つのか、

夫を怒鳴りつけるのか、
それを持って行って
探偵に調査依頼をするなら
わかります。

が、それで慰謝料を
請求しようと思うのであれば、
きちんとプロに相談を
して証拠となるものだけを
集めなくてはいけません。

そしてもうひとつは
「相手にバレる」

浮気調査を必死にするのは
良いけど、相手に
ばれてしまうと
大喧嘩になってしまいます。

またその疑いがもとで、
別居や夫婦破たんして
しまったとしたら

その後から浮気をされても
「破たん後」となって
しまいますよね。

しかも、相手との関係が
悪くなるリスクがあるので
注意が必要です。

もちろん、ばれていなくても
妻の行動が怪しいと思えば
隠すから、

いざ次にプロに任せようと
思っても、調査がしにくく
なってしまうことも。

そういう点も考えたうえで、
自分で浮気調査をする意味や
必要性を考えてから
行動することをオススメします。





個人での尾行はなぜ難しい?探偵に聞くプロの尾行技

自分で尾行

尾行は素人がするよりも、
探偵に任せた方が良いのは
どうしてでしょう。

浮気をしている証拠を確実に
手に入れるなら

絶対に必要になるのが「尾行」。

探偵に頼まずに、知り合いに
協力してもらったなんて話もあるけど、
証拠をつかむというのは
簡単なものではないのです。

その理由を今回はお教えします。

まず、尾行は探偵でも
大変なものです。

相手の移動手段に合わせて、
逃げられたりバレることなく

追いかけて、写真などの証拠を
撮らなくてはいけません。

建物の中に入ってしまえば、
出てくるまで待たなければいけないし、

人が少ない場所やエレベーターに
ついていくことで

「怪しい」と思われても、
バレずに調査しなくては
いけないんですよ。

また時間帯だって関係ないから、
寝ずに待たなくては
いけなかったり、

真っ暗でも撮影できる
ビデオやカメラなどの機材も
必要になります。

それだけではなく、バレそうに
なった時の対処から
バレたときの対応と

考えるだけでも経験も
知識もない個人では
難しいのがわかりますよね。

しかも!最近では尾行の
見破り方など「されている側」のための
サイトもあるから、
慎重な人は余計に
注意が必要です。

ただ単について行って
いるわけではないから、

次の行動を予測したり
自然にターゲットの
浮気現場をハッキリゲット
しなくちゃいけないのです。

だからこそ、車の中に
自転車を積んでいたり、
カップルを装ったり、

定期券などスムーズに
尾行できるようにプロは
用意しています。

もしも個人でバレてしまった場合!

次に尾行を探偵に任せたと
しても、

夫はきっと今まで以上に
警戒しているのでリスクも
高くなります。

しかもバレて自分が
悪者にされることも。

それらを考えても、
よほどの知識と経験がない
限りはプロに任せましょう。