主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 借金問題 > 恐怖!夫の小遣いを減らしたら、更に最悪な結末で家計がピンチに

恐怖!夫の小遣いを減らしたら、更に最悪な結末で家計がピンチに


夫の小遣いを減らす
 

最善策だと思った
夫の小遣いを減らす。

これが最悪になることも・・・

家計のピンチに
削れるところを考えたら
「夫の小遣い」

たしかに夫婦で話し合い、
夫が納得してくれれば

それはそれで
問題はないことなんです。

ただ、これができるのは
金銭感覚がきちんとあり、
ガマンのできる夫。


そうでない場合、
とんでもないことになることが
あるんです。

実際に余計に家計がピンチに
なってしまう原因を2つ
ご紹介します。

■借金
夫や妻が黙って借金を・・・

こんな話はよくある話です。

最近では
借金にも限度があるけど、
家計がピンチなのに
毎月の返済が増えては大変!

夫の小遣いを減らしても、
また借金をされては
解決どころか悪循環です。

いまだに闇金もあるので、
これだけは
絶対に避けたいですね。

またキャッシング機能がある
クレジットカードも

こんな危険な夫に渡すのは
絶対にNGです。

というより、
クレジットカード自体が危険!

■携帯の決済
手軽で便利。
そして恐ろしいのがこの機能。

携帯電話やスマートフォンの請求に
含まれるサービスです。

お小遣いの範囲で
やりくりしてると思ったら、

買い物できるものは
この決済方法を利用していて、

前の小遣い以上使っている
なんてこともあるんです。

携帯電話は止められない
となれば、

こんなものに?と思っても
支払わなくちゃいけません。

いかがでしょう。

夫の小遣いを減らすことが
家計のピンチを招くなら

タバコや弁当を持たせたりと
お金を使わなくていい環境を
作るよう心がけましょう。


浪費に罪悪感のない夫。わかって結婚したならガマンより対策を

浪費癖のある夫の対策
 

夫の浪費癖は
一生治らないの?

結婚したら・・・
子どもが生まれたら・・・

そう思い続けて
夫に裏切られている人。

浪費に罪悪感がない夫は
金銭感覚が違います。

そもそも、
自分の給料でやりくりが
出来なかった人が

それより少ない小遣いで
やりくりできると思いますか?

もし、それができたら
きっと貯金できてます。

ただ、そんな夫に
ガマンするばかりでなく、

一緒にいようと思うなら
2人で考えないといけません。

まず、これが基本。
『小遣い以上は渡さない』

冠婚葬祭は仕方ないけど、
これも嘘か本当かは
わかりますよね?

夫の嘘は見抜きましょう。

そして
『月ではなく、週や日で渡す』

1か月分をすぐ使って
「なくなった」というのであれば、
週で渡す。

最悪1日タバコや弁当別で
500円というのもアリです。

お休みの日も500円渡したら、
30日1万5千円。

月3万のお小遣いであれば、
残り1万5千円は
渡さないのではなく、

自由に使うお金として
最後に渡す方法もあります。

毎日千円なら3万円。

5万の小遣いなら
2万円残りますよね?

もちろん、
お付き合いの有無や
仕事によっても変わるので、
ここはきちんと夫と話し合いを。

一方的に決めても、
お金が足りなくなり、

借金をしたり
トラブルになる可能性大!

それならできることを
考えましょう。

浪費に罪悪感がないだけでなく、
「俺が稼いだお金だ!」
なんて言っちゃう人もいます。

生活費が足りないなら、
散財・浪費を見直してもらい、
夫にも協力してもらう。

先の長い結婚生活、
夫が使ってしまうのであれば、

早めに貯金できる生活へ
変えていきましょう。