主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 主婦の悩み > ママ友の悩み相談に賢く答えて、トラブルを回避!

ママ友の悩み相談に賢く答えて、トラブルを回避!


悩み相談トラブル回避

ママ友の悩み相談は
間違った答え方をすると

トラブルになってしまうので
注意しなくてはいけません。

何気ないママ友との
会話の中で、

時にはママ友に
悩み相談をされることが
あります。

軽い笑い話で終わるような
話なら良いけど、

そうでない深刻な話は

失敗するとトラブルを
引き起こすことがあるので
気をつけなくてはいけません。

特に気をつけなければ
いけないのが
人間関係のことについて。

絶対に言ってはいけないことを
言うと、
後で自分もトラブルに
巻き込まれてしまうことが
あります。

ママ友の悩み相談の中で
一番言ってはいけないのが
『悪口』です。

自分も思っているとしても、
悪口を言ったことによって
「○○さんも言っていた」
となってしまうのです。

また、それが最悪な
パターンだと

「○○さんが言って
いたんだけどね」

なんて、自分が発信源に
されてしまうことも。

そうなると、いつの間にか
自分が悪者になって
避けられるなんてことにも
なりかねません。

ではそうならないためには
どうしたら良いか。

中立の立場になって
話をそらすとか、

話を切り替えるとか、
「どうなんだろう~」と
曖昧に答える。

とにかく「この人は
絶対に人のことを悪く言わない」

という印象で行けば、
人間関係の相談は減ります。

とはいえ、中には
八方美人と思う人も
いるので、

そこだけは気を
つけなくてはいけません。

女性の悩み相談は
『味方につけたい』
『同意してほしい』

という考えが多いです。

なので、そこを
理解したうえで、

相談に対応していくと、
自分に負担のない
対応をすることができます。

特に相談大好きママには、
徹底するように心がけて
くださいね。





されて困った!子育ての悩み相談はどうアドバイスする?


子育ての悩みアドバイス

子育ての悩み相談は
したいけど、

されたときはどう
対処した方が良いので
しょう。

子育ては誰でも悩みが
あるものです。

うちの子ってどうなんだろうと
思った時に、

子育ての悩み相談が
できるところがあると
安心できますよね。

しかし、逆に相談を
されるとされた相手は
悩んでしまうことも
あるのです。

されて困る悩みのひとつが
『発達相談』

言葉が遅かったり、歩くのが
遅いなど
成長には個人差があります。

そのため、早かった人の話を聞くと
うちの子、何か障害があるのでは?
と心配する人もいます。

そんなときに相談をすると

「大丈夫」と軽はずみに
言って良いものかどうか・・・

なんて悩むこともあります。

そんな子育ての悩み相談の
答えに迷う時は

「大丈夫」と言うだけではなく

「心配なら病院の先生や
専門家に聞いてみると良いよ」

と、自分も心配があった時は
相談したからと

アドバイスすると良いでしょう。

またサイトや電話相談
できるところを

「安心できるから」

と教えてあげても
良いかもしれませんね。

時には軽はずみなことも
言えないし、

他人事のような回答を
するのは・・・ってこと、
ありますよね?

ママ友の心配する気持ちは
同じママだからわかるものです。

アドバイスできるものと
アドバイスができないものがあるから、
悩むママも相談されるママも
あまり悩みすぎないようにしましょう。

相談された方も後々
自己嫌悪に陥るなら、

最初からちょっと考えてから
アドバイスをするのがポイントです。

子どもの成長は
誰でも気になるもの。

だからこそ、子育ての
悩み相談をされたら

安心できるアドバイスを
してあげたいものです。