主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 離婚問題 > 賢く離婚するための離婚調停の費用を抑えるコツ

賢く離婚するための離婚調停の費用を抑えるコツ


賢く離婚、離婚調停

離婚調停をするのに
費用を最低限にする方法は
ないのでしょうか。

夫とが話し合いに応じない時
離婚調停もひとつの方法です。

しかし、調停というと
「費用が・・・」
なんて悩む人もいますよね。

でも、実際は
費用自体はそこまでかかりません。

基本的な費用と言うのは、
印紙代と切手代で2000円程度

そして、調停に行く交通費。

相手の住所の裁判所が遠ければ、
それだけお金がかかります。

ではなぜ高いイメージがあるのか。

それは、離婚調停で
弁護士に依頼するからです。

弁護士に相談するだけなら、
無料相談や相談費用。

書類などを作成してもらうなら、
その費用。

そして、依頼して
同行してもらうならその費用。

それぞれの依頼内容で、
弁護士費用は大きく変わります。

基本的には弁護士が不要なら
離婚調停の費用はかなり安いです。

2人で話し合いにならないような場合、

・何も聞いてくれない
・暴力をふるう
・自分が常識・法律と思っている

こんな場合は
調停をするのも良いでしょう。

その時に出費を抑えたいなら、
家庭裁判所や行政の無料相談を
利用する方法があります。

家庭裁判所は
調停で必要な書類の書き方なども
教えてくれます。

また調停の申し立てに悩んでいる場合、
申し立てできるかどうかも
相談することができます。

なるべくお金をかけたくない、
かけられないというなら、
いろいろな「無料」を活用しましょう。

ただ、やはり無料の場合は
努力が必要になることも。

自分が不利な場合や
状況によっては
お金を惜しまない方が良いので

悩んだ時には
まずは相談をしてみることを
オススメします。





こんな時どうする?夫が離婚届を拒否して書いてくれない場合



夫が離婚届を書いてくれない

夫が離婚届を書いてくれない!

そんな時は
どうしたら良いのでしょうか。

離婚は紙切れ一枚だけど、
この紙切れを書かないと
離婚ができません。

そのため、
自分がどんなに離婚したくても

相手が「嫌」と言えば、
離婚ができないことがあるのです。

では「嫌」と言われた時は
どうしたら良いのでしょうか。

まず離婚する原因。

ココがポイントです。

何かしらの離婚する原因がある場合、
夫の浮気とか借金とかなら
夫が決める権利はありません。

でも、これが逆に
妻が浮気相手と再婚したいとかなら
妻は言う権利はありません。

つまり・・・
離婚原因が「相手」にある場合には、
離婚調停をすれば良いのです。

ただ、夫婦が別れる原因は
ひとつやふたつじゃなかったり
しますよね。

浮気が原因だとしても、
妻がセックスを拒否して
セックスレスとか

暴力が原因にしても、
妻が家で何もしないとか
浮気してるとか。

こんな場合は、
きちんと専門家に相談すべきです!

恥ずかしいなら、メールや電話の
無料相談を利用しましょう。

また証拠の記録の残し方なども
相談できるので、
専門家の無料相談はオススメです。

では、自分に原因がある場合は?

逆の立場になれば、
何を言っているのか、都合が良い!
って思いませんか?

その場合は、離婚について
話し合いをするしかありません。

どちらにしても相手からしたら
「離婚」と言われて
意地になっていることもあります。

相手が離婚届けを書かないことで、
都合良い立場でいるのなら、
専門家を入れましょう。

その場合は、キッパリ!
もらえるものはもらってくださいね。