主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 主婦の悩み > みんなひそかに感じている?ママ友疲れをするのはこんな時

みんなひそかに感じている?ママ友疲れをするのはこんな時


ママ友疲れをする時

自分だけじゃない!?

ママ友疲れを感じている人、
実はけっこう多いのです。

楽しそうにしている付き合い。

その中にも実は・・・
というのが、ママ友です。

どうして疲れるか、
それは「子ども」のための
付き合いになるからです。

では、みんなは
どんなところに疲れているのでしょう。

ママ友疲れNO1と言えば、
やはり「ランチ」

幼稚園の定番だったり、
ママ友会のようなものがあるところは
必ずリーダーがいます。

そのリーダーに嫌われないため、
参加する人たちも多いけど、

『そんなところでお金を使うなら、
仲良しの友達や家族で使いたい!』

なんていう人も
実は少なくはないのです。

またランチ以外にも、
幼稚園バスの送迎でのお茶会の誘い
なんていうのもありますよね。

そして大まかにいうと「会話」

悪口にしても、自慢にしても、
夫や実家のことにしても、
噂話などにしても、

すべてを含めた会話。

悪口を聞いて適当にうなづいていたら
「○○さんが言っていた」
なんて悪者にされることも。

中には勧誘とかもあったりして、
触らぬ神になんたら~ですよね。

こんなことならひとりが良い!
って人、実は多いんですよね。

それを考えたら
ママ友を作らなきゃ・・・
なんて、不安に思うことなんて
何もありません。

面倒に巻き込まれるくらいなら
ひとりの方が気ままですからね。

「ママ友は友達じゃない」

だからこそ、
ママ友疲れをしてしまうのです。

ワリキリで付き合えば、
悪口を言われることもありません。

だって、話をしてなければ
ネタを提供していないんですから、
当然といえば当然ですよね?





脱!ママ同士のいじめを考えるなら人間関係を見直そう



ママ友と人間関係

ママ同士のイジメにウンザリ!

そう思っているなら、
少し考え方を変えてみませんか?

いじめられるだけではなく、
いじめる側につくような行動も
したくない。

そう思っていても、
女同士の世界は
巻き込まれてしまうことも。

でも、そう思っているなら
あなただけではないのです。

保育園に比べて幼稚園は
ランチや集まる機会が多くて
疲れてしまうことがあります。

気が弱いと、断るに断れない。

お金も続かないし、
ストレスがたまるばかり。

そんな生活から脱出するために
仕事をする人もいます。

良く考えてみてください。

園内のママ友の関係は
とても小さなものです。

仕事をすれば付き合いが増え、
子どもが習い事をすれば、
そこでも付き合いが増えます。

ということは?

狭い中のママ友のいじめが
ウンザリなら、

外の世界の人と仲良くすれば
良いのです。

【1】
「ママ」に囚われない友達。

【2】
子どものために必要な
最低限の表向きな友達。

いろいろな友達がいるから、
園は子どもの友達をつくるもの!
と割り切ってしまうのもアリです。

作ろうと思って頑張るから
余計うまくいかないことも
ありますよね。

ママいじめでストレス発散
している人は、

・夫婦関係が上手くいってない
・妬み

など、自分・夫・子どもと
何かが劣っていると感じるから
攻撃することが多いんです。

それなら、ムリすることなく
気の合う友達を作った方が
気楽です。

大人になれば、
友達は増えにくいものです。

でも、浅い関係よりも
少なくても良い付き合いができる、

そんな友達と出会いましょう。

大人になったら
いじめに無縁の生活を送りたいものです。