主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 主婦の悩み > これを気をつけるだけでママ友ができるその方法とは?

これを気をつけるだけでママ友ができるその方法とは?


ママ友注意点

人付き合いが得意な人、苦手な人、
いろいろでしょう。

人見知りな人は初対面の人とは
うまく話せずに、良い印象を
与えずに終わるパターンが多いでしょう。

仕方がないことなのですが、
せっかくのチャンスを無駄に
してはいけませんね

ママ友を作るチャンスは大切に
しなければなりません。

まずは、言うまでもありませんが
引きこもりは絶対にだめです。

外に連れて行くと大変だからと
あまり出歩かない人がいます。

それはチャンスさえ出向いてきません
ので暖かい季節のお天気の日は
できるだけ公園など外に出ましょう。


公園に行けば同じ年代のお子さんを
連れたママが必ずといって良いほど
子供を遊ばせているでしょう。

積極的に話かけなくても子供同士は
きっと絡んでくるはずです。

一緒に遊びだすか、もしくは
おもちゃの取り合いになるか・・・

どんな絡み方にしても大きな
チャンスですので、
絶対に逃してはいけません。


そこで、お話をすることから
スタートです。

ケンカから始まったのなら
「ごめんなさい」

遊びだしたのなら

「何歳ですか?」
「ご近所ですか?」

から始まり軽く世間話を
始めて見ましょう。

差し支えのない質問はOKです。

しかし最初から突っ込みすぎると
敬遠されてしまいますので、
当たり障りのない質問限定です。


また、聞く側になりましょう。

自分のことばかりを話すと印象は
あまり良くなりませんので、

相手の話を聞き上手になること!
これは相手に良い印象を与える
コツです。

一人ママ友ができればそこから
輪が広がってく可能性は高いです。

とても簡単なことですので、
まずはチャレンジしてみてください。




仕事を持つママが上手にママ友を作る方法とは?



働くママのママ友作り

小さいお子さんがいながらも
仕事を持つママは大勢います。

仕事に家事に奮闘中のママは
ママ友を作る機会が少ないでしょう。

そんなママがママ友を作るには
どうすればいいのでしょうか?

まず、ご近所に同年代の
お子さんはいますか?

もしいるなら、積極的に
挨拶をしましょう。

いくら仕事をしていても
ゴミ出しや買い物には
出かけるはずです。

会わないことはないと
思います。

子供という接点があるのですから
話はいくらでもありますよね

「こんにちは」でもいいですので
できるだけ話かけ、
アピールしてみてください。

お休みがあればお家に呼んでみたり、
そういった機会を作るように
頑張ってみましょう。

しかし、ママ友といっても気が
合う合わないはあります。

いきなり深くではなく浅く
広く付き合う!これをモットーに
輪を広げてみてください。

そして幼稚園に入園したら、
やはり仕事は今までと
同じように続けるでしょう。

できる限り幼稚園の行事は
積極的に参加すること!

怖い顔をしていてはママ友は
寄って来てくれません。

ニコニコ笑顔でいること!
これは絶対条件です。

たまには無理をしてでも
ママ友座談会に参加しましょう。


面倒だという人もいるかも
しれません。
ですが、これってとっても
大切なことです。

ママ友が集まれば子供の
話から始まり、たいがいは
人の噂話に花が咲きます。

同じように言うのではなく、
聞くのみ!

中にはあることないこと
噂にして楽しむ人もいますが、

今後の付き合い方の
参考になりますので、

聞いておくことは勉強に
なると思います。

このとき、絶対に
口出しをしないこと!

相槌をつくぐらいに
して静かに聞いておくのが
賢いです。

ママ友は、常識では
考えられないような
考え方をする人もいます。

第2の社会勉強として
色んな人を見てみてください。

浅く広く!これは
守ってくださいね。