主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 離婚問題 > 離婚後の同居は問題あるの?法的トラブルで損をしない方法

離婚後の同居は問題あるの?法的トラブルで損をしない方法


離婚後同居

離婚後にそのまま同居
していることは問題なのでしょうか。

最近離婚後も同居し続ける
というスタイルがあります。

「そんなのおかしくない?」と
思うかもしれないけど、

離婚をすることで、お互い
気持ち的には楽になることも。

そのうえで、子どもとは
今まで通り一緒にいることもできて、
何かあった時に助け合うこともできます。

それなら離婚しなくても・・・と
思うかもしれないけど、

実際に今の方が上手く
いっていると言う夫婦も
少なくありません。

ただ、法的に問題は
ないのでしょうか。

まず、離婚をして同居を
している場合。

母子家庭でも親と同居
しているのと同じように

収入に応じて、手当てが
うけられないことがあります。

ただ、生活の金銭面に
ついては折り合いがついていれば

本来母子家庭なら
得られる国からの援助分を
夫が対応してくれれば、
問題はありません。

気をつけたいのが、
資産を財産分与として
離婚した時に渡すこと。

離婚する気がなくて、
最初からこんな目的の場合は
偽装離婚とみなされます。

また、国からの援助を
受けたいから
一緒に暮らしているのに
住民票を別にしている場合もNG!

同じく偽装離婚とみなされます。

この場合は、さかのぼって
母子手当等の返還請求があります。

子どものためを思って、
離婚をせずに別居をする人もいれば、

離婚をしても同居を
し続ける人もいます。

なかには子どもたちが
全然知らない・・・ということも。

結果的にそれぞれの
スタイルなので

離婚後に一緒に暮らすか
どうかは自由です。

ただ内緒にして偽装離婚だと
判断されないようにしないと

一緒に暮らしていることを
後悔するかも。

そうならないように、生活や金銭など
分けるところは分けましょう。





離婚するとは限らない!?離婚調停から復縁の流れ



離婚調停から復縁

離婚調停をしているうちに復縁と
言う流れになることもあります。

2人で話し合っていると
話にならなくて、
喧嘩ばかり。

その結果、離婚!となった場合、

協議では収集がつかないからと
離婚調停をしてみたら
復縁になるケースもあります。

この場合、離婚調停は
どうなるのでしょうか。

そもそも、離婚調停というのは

「離婚」が前提では
いけないとは限りません。

片方が離婚を認めない場合や
復縁を考えている場合も

もう片方が離婚したいと
思っているなら調停となります。

また自分たちだけでは
折り合いがつかない場合、

第三者を入れて話し合いを
するケースもあります。

もちろんここで、相手が
調停に応じてくれない場合、

拒否してきてくれなければ
不成立になるけど、

そうでない場合は話し合いを
していくことができます。

そして離婚調停で
話し合いをした結果、

復縁することになったら、
申し立てを取り
下げることになります。

「調停」というと、離婚を
しなくてはいけない
気がするけど、

シロクロはっきりつけたい時に
利用できますし、
話が終わった時点で
申し立てを取り下げられます。

また必要な費用は
申し立て費用1200円と
切手のみなので、

親や身内を入れて
話し合いをするよりも

第三者を入れて
話し合いたい人には
オススメです。

離婚をする前に、
もう一度きちんと話したいと
いうなら
離婚調停を利用するのも
アリです。

意地の張り合いやケンカ
してしまう人は特に
きちんと話し合ってみては
どうでしょう。

あとで後悔するな・・・と思ったら、
特にじっくり話し合ってくださいね。