主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 離婚問題 > 離婚に向けて準備しておいたほうが良い5つのアドバイス

離婚に向けて準備しておいたほうが良い5つのアドバイス


離婚準備アドバイス

この人と結婚生活を続けることができない!
だから離婚をするんですよね

しかし離婚をしてもっと不幸になっては
何もなりません。

少なくとも結婚生活よりは
楽しく過ごしたいものですね

それにはまずお金が必要です。
裕福に過ごすお金とまでは言いませんが、
普通に苦労のない生活が送れるだけの
お金があれば問題はありません。

慰謝料、養育費、生活費の補助もあれば
言うことはありません。

できるだけの援助は
お願いするようにしましょう。

いまどき、離婚は珍しいことではありません。
周囲に離婚経験者はいるのでは?
そんな人にアドバイスをもらうのは
とても参考になることですので、
意見を聞いておくといいでしょう。

また専門家に相談をすることもお勧めです。
無料相談もありますので、
このような状況で、離婚をしたほうが良いのか?
アドバイスをもらうのは良いことです。

離婚が相手の非であるなら
その証拠はできるだけ掴んでおくこと!
いやおうなしに相手が承諾するような
確実な証拠を掴んでおきましょう。

相手に離婚をしたいのか?
という意思があるのかどうかを
それとなく確認することも大切です。

もしも離婚をしたくない!
改心するから許してほしい!と
泣きついてきたならどうしますか?
それなりの条件をつけて自分が
もう1度結婚生活をやり直せるなら
考え直す余地はあります。

逆に、自分の意思も大切です。
離婚をすると今までの生活はなくなります。
その覚悟ができているのかを考えてみて
意思が固まっているなら離婚を切り出します。

離婚後の生活を想像してみてください。
自分が幸せになれるのか?
すぐに離婚を決意するのではなく、
よく考えてから離婚を視野に入れるべきでしょう。





結婚は忍耐?離婚したいのにできないときの解決法とは?



離婚したいのにできない

結婚は忍耐だという言葉を
よく耳にします。

夫婦になるといってもしょせん他人です。
他人がいきなり生活を共にするのですから
意見の食い違いはもちろん。
生活面での違いは生じるものです。

徐々に相手のペースにあわすこと、
忍耐というよりも我慢?!

上手く言い表せないのですが、
相手だって自分のペースに
あわしてくれている事もありますので、
結局はお互い様なのですがね(笑)

それでも、もう限界!と
離婚を考える夫婦は少なくはないんです。

離婚することは簡単です。
お互いが同意している場合の話ですが・・・

中には一方的に離婚をしたいと思っていても
相手が応じてくれない夫婦もいます。

そんな時、やはり我慢をして
結婚生活を続けなければならないものでしょうか?

熟年離婚という言葉もありますね
子供が成人をしたら離婚を考えている!

でもそれまで待てない!

離婚を躊躇する理由は子供なんです。
子供がいるから離婚してくてもできない。

離婚後の生活に不安があるからでしょう。

職を持っている妻は
簡単に離婚をする。

これはこういうことなのです。

それなら、仕事を見つければいいだけです。
離婚をしても子供を十分育てていけるだけの
収入があれば問題ないのですから、
パートではなく就職口を捜してみてください。

手に職があればなおさら有利ですね

職についていれば親権も獲得できますし、
養育費だけもらうことができれば
苦労のない生活になるでしょう。

まずは生活費を確保することです。
これさえできれば離婚も躊躇することなく
切り出せるでしょう。