主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 離婚問題 > 夫婦の○○な積み重ねが離婚の危機を呼び寄せる!?

夫婦の○○な積み重ねが離婚の危機を呼び寄せる!?


離婚の危機

夫婦がいつの間にかすれ違い、
離婚してしまうのはどうしてでしょう。

夫婦が離婚を決断するのには、
いろいろなきっかけや原因があります。

ひとつだけではなく、
重なっていくことで

こじれて元に戻れなく
なってしまうのです。

よくいう「性格の不一致」だって、

付き合っている時に好きだから
我慢しているのもあれば

夫婦生活が長くなるごとに
見えてくる場合もありますよね。

不倫をする・される言い訳として、

相手が悪いように
言うかもしれないけど、
実は自分の態度が悪いことも。

では、いろいろある夫婦の
離婚ですが、より気を

つけなければいけない
ポイントがあります。



それは「思いやり」です。

「ありがとう」という
感謝の気持ちがある夫婦は
いつまでも相手を
思いやることができます。


が、夫婦となると協力や
助け合いは当然!と
思っていると、
欲が出てしまったり、
感謝をしなくなってしまうのです。

働いていることや家事や
育児をすることは
決して当然ではありません。


それどころか、相手の
気持ちを考えなかったり、

自分の理想や希望ばかりを
押しつけては夫婦は上手くいきません。


また押し付けや誤解の
原因が「コミュニケーション不足」。

話をきちんとすれば
誤解しなくて済むことも、

会話をしないことで
よくある仮面夫婦になりがちです。

海外の夫婦に憧れる~と言う人は、

こんなコミュニケーション不足の
ほかにも
スキンシップ不足も考えられます。


日々の蓄積が、ある日爆発!
となれば
夫婦の離婚の危機となります。

その時にきちんと話が
できるかできないかでも
回避できるかどうかが
変わってきます。


そうならないためにも、
日頃からコミュニケーションを
大切にしていきましょう。





若い時ではなくなぜ熟年離婚?その原因と理由はなにか


熟年離婚

離婚する人が増えていますが、
熟年離婚も増えています。

結婚をして数年経つと、
一緒に暮らして慣れてきて

お互いイヤなところが
見えるところもありますよね。

そして限界が来て離婚をしたり、
時には他の人に目が行ってしまい
別れてしまうことがあります。


しかし、そんな山も谷も超えた夫婦は
良くも悪くも思い出がいっぱい。

20-40代で離婚を
しなければ今さら・・・

と言う年代でも離婚しますよね?

では、どうしてこの熟年離婚が
増えているのでしょうか。


子どもを育てるのに
一生懸命な時期は、

何かあっても「子どものために」と
離婚を思いとどまることがあります。

またお金や今後のことを考えても
「我慢」と言う結果になることも。


若い世代で離婚をすれば、

再婚する可能性も高くなるかも
しれないけど、
そう簡単ではありません。

バツを増やしたりしたくないために、
再婚しても我慢を
している人も多いのが現実。

それなら、今の旦那でも
変わらないか・・・
なんて思っている人もいますよね。


しかし、再婚や子どもを
作ることも考えることなく、

育児も一段落したあとの
年齢は少し違います。

退職した夫と一日中顔を
合わせていることに苦痛を感じたり、

自分の自由な時間を好きに
生きたいと考えた結果

熟練離婚を選ぶことがあるのです。

20-40代の頃の
「離婚したら子どもたちが・・・」
なんて悩むこともありませんからね。


熟年離婚の原因は、これまでの
我慢もあれば
夫が家にいることで
精神的な苦痛もあります。

今不満のない夫婦であれば、
先々も心配ないかもしれません。

しかし、不満だらけの夫婦は
「人生もったいなかった」
なんてならないように
どの年齢で離婚をするのが
最適かを考えてみるべきかもしれませんね。