主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 離婚問題 > 離婚は子供に悪影響を与える?知っておきたい子供のキモチ

離婚は子供に悪影響を与える?知っておきたい子供のキモチ


離婚と子どもへの影響

離婚をすると不安になるのが
子供に対する影響です。

離婚は子供にとって良くない。

どんな理由があっても、
離婚しない方が良い。

なんていう人もいます。

子供のことを考えて・・・
と言いますが、
実際のところはどうなのでしょう。

離婚後、子供に与える影響として

親がお金や時間をかけられず
・学力が低下する
・精神的に不安定になる

などのことが言われます。

片親の子はグレるとか、
中卒や中退、そして妊娠・・・

喫煙やアルコール摂取率が高い
などなど、

いろいろ言われます。

では、親がお金があれば
そうはならないのでしょうか。

仕事が忙しくてお金だけを渡してる、
親の愛情を受けていない。

グレたり、不安定になったり、
薬をしたり・・・

両親が揃っていても、
こういうことはありえるはずです。

となれば、結果的に
両親がいる・いない関係なく、

・親の向き合い方
・子供の育つ環境
・子供の考え方

などが関係してくると言えます。

どんな環境に育っても、

寂しい思いをしている人は
寂しいのです。

また、
暴力をふるわれて育ったり、
精神的苦痛を感じながら過ごしたり、

両親がいても良くない環境なら
逆に離婚した方が良いことも。

『離婚で子供を守る』
というケースもあるのです。

たしかに離婚で
子供は犠牲になるかもしれません。

しかし、その後どう育てるかで
離婚が与える子どもへの影響は
変わります。

借金だらけ、
不倫して子どもを可愛がらない、
暴力をふるう・・・

そんな父親でもいる方が良いか、
子供の立場になって
考えてみてくださいね。





離婚時に、女性が子供の親権を拒否するのは良くないことなのか



女性が親権拒否

離婚をする時に
子供の親権は
妻が取るべきなのでしょうか。

子供がいると
親権は女性というイメージって
ありませんか?

ときには女性が引き取らないと
良くないように言われることも。

基本的に

・引き取れない
・引き取らない

この2つは大きく違います。

これを踏まえて
親権を拒否することはどうかを
考えていきましょう。

まず・・・

ひとり息子などの理由から
離婚時に子供の親権を
取れないことも。

子供の将来を考えれば、
その方が幸せと思う親もいます。

幸せかどうかはお金ではないけど、
時間とお金をかけてあげるために
父親といる選択肢もあります。

習い事やいろいろな差を考えて、
のことですよね。

次に・・・

妻の浮気や育児放棄で
子供を任せられないこともあります。

中には子供がかわいくないと
拒否することも。

両親共にそうなれば、
身内が預かるか、
結果的に施設に入所する子もいます。

ネグレストや虐待で亡くなるより
良い選択・・・なのかもしれません。

離婚する時の子供の親権は
必ずどちらかになるとしても、
一緒に暮らすとは限りません。

成人になってしまえば、
親権も何もなくなるのですが、
小さいうちは
母親が親権者になるのが一般的です。

しかし、あくまで「一般論」。

どうするかを決めるのは
年齢によっては子供の意思、
小さければ、親の話し合いです。

万が一、
子供を手放すことになっても
子供の将来を思ってのことなら
堂々としていれば良いでしょう。

理解をしない人もたくさんいますが、
子供が幸せで暮らせるのが一番!
なのです。

ただし、
養育費などもあるので
お金ばかりで決めないでくださいね。