主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 離婚問題 > 離婚手続きを手際よくするための3つの心得

離婚手続きを手際よくするための3つの心得


離婚手続きを手際よくする

離婚の話し合いはとても大変ですし
慎重に行わなければなりません。

話し合いというよりも
駆け引きという言い方のほうが
正しいのかもしれませんね

どちらかが応じてどちらかが拒む・・・
拒まれればどう対処するか、

その辺は上手くやらなければ
最悪は裁判ということになります。

特に親権や金銭的な問題になると
どちらも譲らないと
いうパターンが多く、

裁判になるケースは多いでしょう。

とにかく話し合う項目を
しっかりと準備しておき、

相手がこう出るであろう項目については
その後の対処法も考えて
おくべきでしょう。

そして冷静になることです。

感情的になると相手が応じるものも
拒まれてしまいますので、

とにかく冷静に対応することを
心がけてください。

1.
話し合い決めなければならないことを
書き出しておくこと!

2.
どんな理由であれ冷静に対応すること!

3.
不倫が原因だとしても相手を思う言葉は
忘れずに!

話し合いをスムーズに行うためには
上記の3点は必ず守ってください。

そして、テクニックとは
大げさかもしれませんが、

慰謝料などの金銭面の
要求についてですが、
まずは高い金額を要求してください。

確実に手に入れたい
金額に上乗せした金額を
請求してください。

当然、相手は拒むでしょう。

少し時間を置いてでは!と、
自分で決めた金額に

値下げすれば応じてくれる
確立は高いです。

心理的なテクニックになるのですが、
人は単純なものですので、
上手く交渉を進めていくべきです!

感情的にならならないことだけは
忘れずに!





離婚調停を有利に!高額慰謝料を勝ち取るための3つのコツ



離婚調停を有利に

離婚調停で1番もめることは、
お金に関する問題です。

特に慰謝料については
最ももめる原因です。

自分に非があると反省して
すんなりと相手の要求する

金額に応じる人は
残念ながらごくわずかです。

決定的な証拠を突きつけて
裁判にまで持ち込んで
法的な処置を受け

ようやく応じるというケースが
大半です。

離婚となっても、過去は愛し合い
一生を添い遂げると
誓い合い結婚した夫婦です。

結局最後には応じるのに、
散々わめきちらしいがみ合い、

時には罵倒を浴びせ、
泥沼になるなんて
嫌ですよね

調停で有利な立場で
かつ、高額慰謝料を
勝ち取るためのコツを

知っておくことで
後悔のない離婚となるでしょう。

1つ目は、なんと言っても証拠です。

なんとなく・・・という
証拠ではダメです。

決定的な証拠が必要です。

DVを受けていた場合は、
あざや傷の写真、
夫にされたという証拠写真や

録音などがあればなおさらです。

2つ目は、冷静に立ち向かうこと。

人間、カッとなると
言ってはいけないことまで
言ってしまうものです。

調停上、損になるようなことを
言ってしまってはおしまいです。

いつでも冷静に対処
するようにしましょう。

3つ目は、少し難しいかもしれません。
調停委員を味方につけてください。

自分の要求をのんでくれないと、
調停委員にまではむかう人がいます。

いつでも冷静に進めてください。

なかなか事が運ばなければ
誰だって心が折れそうになります。

しかし、正義は勝つんです。

全うな人生を歩んできたのに
離婚という危機をむかえ、

もらえるものももらえず
泣き寝入りは悔しすぎます。

どうか調停で勝ち取ってください。