主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 探偵の雇い方 > 浮気調査は探偵派?それとも興信所派?あなたはどちらを選ぶ?

浮気調査は探偵派?それとも興信所派?あなたはどちらを選ぶ?


興信所と探偵

自分のパートナーの浮気調査を
依頼したい!

しかし探偵に依頼すべきか
興信所に依頼すべきか
迷ったりしませんか?

まず探偵と興信所とでは
具体的にどう違うのでしょうか?

興信所というと、昔から
結婚前の身元信用調査を
依頼する事が多いです。

一方、探偵は浮気調査や
人探しなどを依頼する
場合が多いです。

大きく分けると、興信所は
信用調査、探偵は行動調査
となりますので、

浮気調査は探偵のほうが
確実な証拠を掴んで
くれるでしょう。

ただし、費用のことも
考えなければなりません。

探偵はあらゆる方法
を使い行動を追跡します。

どこにいても証拠を
つかめるように依頼主の

パートナーと浮気相手に
ぴったり張り付いて
証拠写真や行動の調査結果を
提出してくれます。

そのため、調査員は1名では
追いつかず数名を手配する
場合があります。

また、車での追跡、
公共の移動手段を使っての
追跡など

移動にもお金がかかります。

浮気に飛行機を使うことも
ありますのでその場合も
費用は加算されます。

浮気の行動範囲が広く
なるほど費用はかさむと
考えられます。

興信所のように身元を
調査するだけでなく、

張り込んだりと時間も
労力も必要となりますので
費用は覚悟しておくほうが
良いでしょう。

また、ホテルでの滞在時間中
はいつ出てくるかわからない
状況ですので

ずっと張り込んで
いなければなりません。

かなりの時間も費やす
捜査をなります。

かといって興信所の
費用が安いというわけでも
ありません。

どちらを選ぶのかは個人の
自由ですが、確実な浮気の
証拠を提出してくれるのは
探偵だといえるでしょう。

浮気相手の身元調査を
依頼するなら興信所でも
問題はありませんが、

やはり決定的な証拠を
掴むなら探偵に依頼する
ことをお勧めします。





女性だから強く言えない・・・不安がいっぱいなら探偵業法を確認



女性と探偵業法

探偵とトラブルがあるかも
しれないと不安なら

まずは探偵業法を
知っておきましょう。

探偵会社や興信所は
たくさんあるけど、

トラブルもあると
言われています。

そのため、夫の浮気調査を
してほしいけど
騙されたらどうしようとか
周りにバレたらどうしようとか
いろいろな不安があるので
何もできずにいることがあります。

しかし、2007年(平成19年)には
探偵業法が施行されて
悪徳業者もだいぶ減りました。

では、この探偵業法とは
どんなものなのでしょうか。

まず、探偵業をする人は
届け出をしなくてはいけません。

また探偵業務を行う
探偵業=探偵や興信所、

そういう名前でなくても
同じ業務をする場合は

仕事をするうえで条件や
制限があります。

例えば、守秘義務や
秘密保持義務。

個人情報や調査内容は、
他の人には言えないことに
なっています。

また契約をする時にも
「夫にバレないように」と
契約書を発行しないということも
絶対にありません!

きちんと書面で説明をして、
確認のうえ契約書に署名・
捺印をして調査開始と
なります。

ただ警察とは違うので、
調査できる内容には制限が
あって

どんな依頼でも
受けてくれるわけでは
ありません。

そして、探偵業法では
誰でも探偵になれる
わけではなく、

きちんと探偵業をするには
公安委員会への届け出が必要です。

ちなみに平成25年の時点で
届出は5670件。


まずは届け出をしているか
どうかは
最低限調べておきたい
ですよね。

探偵に依頼するなら、
探偵業法もちょっと
知っておくと、

夫の浮気調査もどこまで
ならしてもらえるかが
わかります。

仮に違法行為もOK
してくれるところで
あればオススメできません。