主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 離婚問題 > 妻が浮気をして離婚、男と違う慰謝料や親権事情にダレ得!?

妻が浮気をして離婚、男と違う慰謝料や親権事情にダレ得!?


妻の浮気で離婚

自分自身が浮気をして離婚する時に、
慰謝料や親権はどうなるのかお教えします。

世の中、浮気をするのは
男ばかりではありませんよね。

最近では女性も浮気をして、
夫が離婚を申し出ることもあります。

ただ男と女の違いとして、
慰謝料を請求されても

専業主婦だと支払えないと
言うことがありますが、
実際のところはどうなのでしょう。

今回は妻の浮気が発覚して、
探偵に確実な証拠を集めてもらい、
夫婦関係が破たんした場合の
離婚についてお話します。


夫同様、妻に慰謝料を請求する時は

・浮気の期間や回数
・婚姻の期間
・妻の収入や地位

など、ここは男女共通で
慰謝料の金額が決まってきます。

そして、離婚するかしないかでも
変わってきますが、
どちらにしても、相場は
妻+浮気相手で約200万円程です。


また浮気相手の地位や収入が
高い場合には、それなりの
請求ができる可能性があります。


次に、やはり気になるのが親権。


浮気をしている妻が、
夫に子供を押しつけて・・・

なんて最悪なパターンも
あるかもしれません。


しかし、そうでない場合には
妻が親権を得られる可能性が高いです。

その理由として、

離婚は離婚・浮気は浮気・
親権は親権ということ。


子どもが父親のところに
行きたいと言ったり

妻が虐待をしたり、
育児放棄をして浮気に
走っていれば別だけど、

それ以外は浮気は親権には
関係ないのです。


夫婦でも男と女だから、
男女の関係に何かあって
別れるとして、

慰謝料は当然発生するけど、
子どもはまた別の話・・・と
考えてくださいね。

とはいえ、子どもたちに妻の
浮気が原因で離婚と知られたら、

ある程度の年齢になれば傷つき、
父親を選ぶことも十分にあります。

そのことをきちんと頭に入れて、
行動しましょう。





親権争いの前に子どもの意思は?離婚と子どもの年齢の関係



親権争い

親権をどちらにするかは離婚時に
重要なことですが、
子どもの年齢によって
子どもの意思を尊重することができます。

一般的に離婚すると母親が
子供を引き取るパターンが多いけど、
いろいろな理由があって
実家に見てもらえる環境の
夫が引き取ることもあります。

どちらが親権を取るかで争いに
なることがありますが、
お子さんの年齢によっては、

親権を離婚する時に
子どもの意思で決めることができるのです。


まず当然ながら成人ともなれば、
親権は云々いうことは
ありませんよね。

ただこれ、20歳以上だけでなく、
結婚している場合も同じです。

どちらの名字を
名乗りたいかなど、
子どもたちときちんと
話し合うことができます。


逆に小さな子どもは、
母親といるのが良いと言われます。

そのため、子どもを
引き取るから監護権は母親だけど、
親権は父親と言う場ことも。


そして15歳以上ともなれば、
子どもたちの意思を尊重できます。

この場合は兄弟がバラバラに
なることもあって、
家事のできない父親に
娘がついていく決断をすることもあります。

この年齢になれば、親権問題も
離婚時に家族での話し合いと

なりますが、もう少し下の
10歳以上でも状況によっては
子どもの意思が尊重されます。


小さな子どもたちというのは、
原則親権者が全員同じだけど、
10歳以上になると、
ときには意思を尊重するので
別れることも。

今の子どもたちは精神的に
大人ですが、
やはりデリケートなので、
良く考えて判断をしてあげたいですね。


親権争いを離婚時にしていると、
子どもたちは傷つきます。

「自分のせいでケンカをしている」

ただでさえ離婚で
傷つけてしまった場合は、
そう思わせないように
心がけましょう。