主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 離婚問題 > 離婚調停に弁護士は必要?メリットや注意点を知っておこう

離婚調停に弁護士は必要?メリットや注意点を知っておこう


離婚調停に弁護士は必要か

離婚調停の段階で
弁護士は必要なのでしょうか。

特別な場合でなければ、
離婚調停で弁護士は不要。

そう感じるかもしれませんが、
実際のところはどうなのでしょう。

弁護士に依頼すれば、
当然お金が必要になります。

そのため、出費を減らしたいなら
相談だけにしたり、
最低限サポートしてもらいましょう。

また相手が弁護士に依頼してる場合、
不利にならないように
自分も依頼した方が良いです。

ただ注意点として
離婚調停で弁護士がいても
自分自身も出席はしてください。

平日休めないから・・・
という理由ではなく

書類や的確な意見、
本気度を表すのに有利
と考えてください。

専門家がいることはメリットでも、
金銭面はデメリットです。

しかし
・法律で大きく左右される
・専門的知識が重要

と言うような場合は、
弁護士がいる方が良いでしょう。

弁護士が必要かどうかは
離婚理由でも変わります。

夫に普段言い返せない人も
離婚調停では素直になれる。

でも、上手く伝えることができない。

それなら、弁護士がいた方が
心強いですよね?

お金云々よりも、
納得いく結果をきちんと出すか。

これが大切です。

時と場合によって
依頼を決めれば良いのですが、
悩んだ時はまずは相談を!

無料相談をしてみて、
どうするかを判断していきましょう。

アドバイスしてもらうだけでも、
メリットがある場合もあるので、
上手に活用してください。

面倒なトラブル、問題があれば
裁判になる可能性もあります。

調停のうちから依頼すれば、
スムーズに進むこともあるので、
良く考えて決めてくださいね。





離婚調停でトラブル勃発!別れるヤツにあげたくない慰謝料



離婚調停トラブル

離婚での話し合いで
トラブルになるのは「お金」。

財産分与はもちろんですが、
慰謝料でモメることもあります。

相手の不貞行為で
しっかり証拠もそろっていれば
確実に慰謝料請求はできます。

しかし、どんな状況であっても
慰謝料に不服を持つ人は
少なくはありません。

基本的に慰謝料でもめるのは
『お金がない』
と言う理由だけではありません。

一緒に暮らす生活費ではないので
『別れるヤツに金なんてやりたくない』
という考えがあるのです。

専業主婦の妻に対して
全財産自分のもの!と言う人も。

養育費以外はお金も何もいらない
と言うなら良いけど、
そうでない場合は話し合いが必要です。

しかし、2人だけで話し合いをしても
決着がつかないので、
離婚調停が必要になります。

また場合によっては
弁護士などの専門家が必要に
なることも。

言いたい放題言っていても、
法律で決まっていることは
守らなくてはいけませんからね。

2人だと話し合いにならない場合も、
第三者を入れることが大切です。

別れるやつにあげたくない!
と言ったとしても、
2人で作り上げてきた財産です。

そのため、妻ももらう権利はあります。

もちろん、
散財して夫に離婚を突きつけられた
と言う場合など、状況で変わります。

相手の言うなり。

強制的に離婚されそうになっても
相手が悪い場合には
納得するまで離婚する必要は
ありません。

証拠を突きつけて
離婚調停できちんと慰謝料請求して、
もらえるものはもらいましょう。

夫の意思があるように、
あなたの意思もきちんと話して
理解をしてもらうことが大切です。