主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 浮気問題 > 浮気相手が妊娠してしまった・・・その時妻のすべき行動パターン

浮気相手が妊娠してしまった・・・その時妻のすべき行動パターン


浮気相手が妊娠

浮気相手が妊娠した時は、
相手の出方によって

オススメの行動パターンが
変わります。

浮気相手が妊娠したとしても、
夫と離婚したくないものは
離婚したくない!

夫自身も反省して、浮気相手に
「子どもをあきらめて欲しい」
と言ったとしても、どうするかは
浮気相手次第になります。

だからこそ、実は相手に出方
によって
妻が一番つらい立場に
立たされてしまうことがあるのです。

まず、浮気相手が子どもを
どうするか・・・。

それによって2つに分かれますよね。

諦める場合は、やはり費用は
負担してあげてください。

ムカつくかもしれませんが、
やはり女性として中絶する
リスクなども考えて

自業自得と思わずに夫も悪いと
思ってくださいね。

そして厄介なのは出産をする場合。

夫が「おろしてくれ!」と
言ったとしても、

相手が出産をすると言えば
何も言えません。

また出産した子どもは
認知請求されたら認知
しなくてはいけないし、

養育費を請求されたら
支払わなくてはいけません。

そればかりか、認知を
すれば当然
相続権に関しても
関わってくるのです。

妻としては苦痛でしか
ありませんよね。

ドラマなどでは自分に子供が
できないからと

養子に・・・という話も
ありますが、

リアルにその子を可愛がることが
できるかどうかが問題です。

それならば、浮気相手が
妊娠して出産をする!と
言った時点で

浮気相手に慰謝料請求をして、
夫にも慰謝料と養育費を請求して
離婚した方が良いでしょう。

浮気相手の妊娠は妻にとっては
とても苦痛です。

妊娠=確実な不貞行為があった
証拠ですからね。

だからこそ精神面的にも
将来的にも

良く考えてから行動
することが大切です。




浮気の代償は怖い!?家庭だけではなく人生さえも崩壊



浮気で家庭崩壊

浮気というのは、夫婦関係を
壊すだけでは終わらないことがあります。

浮気の代償とよく言うけど、
離婚や慰謝料など、夫婦間の
代償ばかりではなく、

実は人生さえも狂って
しまうことがあるのです。

離婚は回避したものの、
その後のことで再び離婚を考えて、
結果的に離婚してしまう・・・
なんてことも。

それだけ浮気の代償は大きいと
いうことですが、
一体どんなものがあるのか。

いくつかあげていくので、
ぜひ参考にしてくださいね。

まず良くあるのが「仕事」での代償。

相手が会社にいたら、当然左遷や転勤、
状況によっては、最悪やめる方向に
進まなくてはいけないかも。

やめるまではないと思っていても、
噂が広がれば、仕事を続けることが
難しくなることもあります。

また浮気相手が取引先にいっても、
会社の信用問題にも関わってきます。

次に「子ども」。

子どもと言うのは時に
残酷なものです。

親たちの噂話がもとで
いじめられることもあるので、

可愛いわが子が自分のために
いじめられて、学校にいけなくなって
しまうこともあるのです。

そして最後に「お金」。

仕事を失うだけではなく、
最悪浮気相手が既婚者なら

慰謝料を支払わなければ
いけないかもしれません。

夫と一緒にいることを決めたとしても、
浮気の代償のために、
自分自身も苦しい思いを
することさえあるのです。

浮気って本当に怖いですよね。

遊びと軽い感覚でも、
浮気相手はどうかもわからないし、

お互いが遊びでも世間的には
許されないこと・・・と
いうことです。

となれば・・・

こんな夫と一緒にいるかどうか、

最悪な事態になった時には
再度考えた方が良いこともあります。