主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 浮気問題 > 泣き寝入りさせません!浮気相手に慰謝料をしっかり請求するには

泣き寝入りさせません!浮気相手に慰謝料をしっかり請求するには


浮気相手に請求

離婚するにしてもしないにしても、
浮気相手にもしっかり慰謝料を
請求していきましょう。

浮気相手への慰謝料請求のことを
「婚姻侵害」と言います。

漢字の通り、婚姻を侵害されると
言うことなので、

夫、相手のどちらが誘って
浮気に発展したかなどは関係ありません!

なかには浮気相手とタッグを組んで、
夫に痛い目をあわせる
なんて話もありますが、

今回は浮気相手に慰謝料を
請求するケースを
ご紹介します。

まず、婚約侵害の慰謝料の
場合は3パターンあります。

1.夫と浮気相手に慰謝料を請求する

2.浮気相手に慰謝料を請求し、
  浮気相手が夫に慰謝料を請求する

3.離婚後夫に慰謝料請求し、
  支払われた後に浮気相手にも請求する

慰謝料が100%とすると、

1は2人の合計が100%に
なるように請求。

2は浮気相手に100%請求し、
その後本来夫負担分%を
浮気相手が夫に請求。

3は夫に請求し、100%
支払われたら浮気相手には請求できません。

この場合、これ以上の損害が
あって立証ができるのなら
さらに浮気相手に
請求することができます。

離婚をしない場合、浮気相手に
慰謝料請求をすることになりますが、
この場合は2になる可能性があります。

慰謝料というのは、浮気した2人が
支払わなければいけません。

基本的に離婚するよりもしない方が
慰謝料は少なくなるけど、
破たんはしなくても努力して
夫婦関係が修復したのなら慰謝料請求はできます。

とはいえ、もともと夫婦関係が
破たんしていたと言うのであれば、
慰謝料請求はできません。

そのため、浮気相手にしっかり
慰謝料請求するには
『夫婦関係の状態』
ネックになるといえるのです。




浮気されたのに慰謝料がもらえない?コレを知らないと損するカモ



慰謝料が貰えない

浮気されて離婚するにしないにしても
慰謝料がもらえると思ったら
請求してももらえないことが
あるんです。

浮気されて、離婚するに
してもしないにしても、

夫と相手に慰謝料請求が
できると言われていますよね。

「悔しいから、慰謝料を
請求してやる!」

と慰謝料を請求しようと思ったら
慰謝料が請求できないケースも
あるので、きちんとして
おきましょう。

まず、浮気にしても不倫に
しても『不貞行為』と言われます。

いわゆる法律で肉体関係が
あることなので、

これが無ければまずは
不貞行為となりません。

いくら手をつないで
歩いていたとしても、

抱き合っているのを
見かけたとしても、

不貞行為とみなされなければ、
慰謝料は請求できません。

そして次に、夫婦仲
が破たんしている場合も
不貞行為にならないのです。

簡単に言うと、別居や
家庭内別居をしていたり、

夫婦喧嘩ばかりしていたり、
夫婦仲が悪い場合は請求できません。

もちろん、浮気が原因で仲が
悪くなってしまった場合には
慰謝料請求は可能です。

ただ気をつけたいのが、
相手に旦那が未婚と
言っていたり、

相手が未成年だったりする場合!

この場合は慰謝料が
請求できないどころか、

旦那に問題あり!とお金を
取られちゃうことがあるかも
しれないので
注意が必要です。

ちなみに慰謝料は、
収入にもよりますが、

離婚した場合は100万~500万、
離婚しなければ20万~100万
程度です。

不貞行為だとしても、回数や
期間、その原因などが考慮されて、
最終的な慰謝料が決まります。

特に専業主婦で離婚を
考えている人は、

それだけをもらって、
後は働いて生活費を稼いでいく
生活はメリットがあるのか
どうかを良く考えましょう。

ま、お金より精神的苦痛の方が
辛いわけですが、

浮気された方が後悔&
損しないようにしてくださいね。