主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 浮気問題 > あなたがどうしたいかで変わる、浮気相手への慰謝料の相場

あなたがどうしたいかで変わる、浮気相手への慰謝料の相場


慰謝料の相場

浮気相手への慰謝料の相場は、
今後の生活によって変わっていきます。

慰謝料というのは離婚をしなくても、
請求することができます。

また夫と浮気相手の両方に請求が
できますが、
当然不貞行為があった場合になります。

今回は浮気相手への慰謝料の
相場について解説していきます。

まず、浮気相手への慰謝料は

・離婚する
・離婚しない

で変わります。

「離婚しない」人よりも
「離婚する」人の方が慰謝料は
高額になります。

また不貞行為があれば、
離婚する・しない関係なく
慰謝料請求はできるので
きちんとした証拠があるなら、
請求をしましょう。

次に浮気相手だけではなく、
夫へも慰謝料請求する場合。

この場合は2人合わせて100%になるので、
もしも先にどちらかからもらい

その後にもう一方からもらう場合は、
2人で100%分としかなりません。

ただし、それ以上の精神的苦痛が
認められたら可能です。

でも気をつけなくてはいけないのが、
不倫の事実がなかったり証拠がない場合。

最悪、浮気相手から
訴えられてしまうことがあります。

ふてぶてしい・・・と思うかもしれないけど、
立派な恐喝になってしまうので、
浮気の確実な証拠を集めてから
行動するようにして下さいね。

浮気相手の慰謝料の相場は、
数十万から数百万円。

慰謝料請求は、内容証明郵便だけではなく
メールや普通の郵便でもできるので、

自分で送れますが、その前に
きちんとした証拠が必要なります。

離婚はしないよりした方が、
慰謝料は高額になるけど、

子どもや今後のことを
しっかり考えてから
決めるようにしてくださいね。




浮気相手の妊娠が発覚!そのときあなたは?夫はどうすべきか



浮気相手が妊娠した場合

浮気相手が妊娠、そのとき
あなたはどうしますか?

あってはいけない話ですが、
浮気相手が妊娠してしまう・・・
ということがあります。

もちろん、この時点で肉体関係が
あったということがわかるので、

確実に慰謝料を請求できるのですが、
問題は出産するかどうか
ですよね?

そこで今回は浮気相手が
妊娠した場合のお話をしていきます。

まず最初に知っておいて欲しいのは

浮気相手が出産するかどうかは
その女性が決めることができるのです。

中絶してほしいという希望は
言えるけど、
「出産する」と言われてしまったら、
ムリな中絶はさせられません。

そしてまた厄介なのが、男性側が
「認知をしない」と言ったとしても、

出産後にDNA鑑定をして
親子と認められれば、

強制的に認知しなくては
いけなくなるのです。

つまり、妻が浮気相手に
慰謝料は請求ができるけど、

浮気相手からは男性に認知や
養育費の請求ができるのです。

では中絶する場合は?というと、
同じように妻は浮気相手に
慰謝料を請求できます。

浮気相手は?というと、男性に
中絶費用の半額を請求できますが、
それ以外の慰謝料などは発生しません。

あとは、気持ちの問題で、
中絶して別れてくれたら、

ドラマで言う「手切れ金」を
個人的に支払うこともあります。

浮気相手が妊娠した時は、
夫や自分が中絶してほしいと頼んでも、
最終的には浮気相手が決定する。

しかも、強制的な認知や養育費を
考えたら、かなりリスクが
あることです。

浮気をしたうえに、子供まで作り、
そのうえ養育費まで請求されたら

妻としてはその後
約20年近くも苦痛が続くと
言えるでしょう。