主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 浮気問題 > 探偵に浮気調査をする前に!必ずしてほしい最初のステップ

探偵に浮気調査をする前に!必ずしてほしい最初のステップ


浮気調査前のステップ

探偵に浮気調査を依頼する人も
多いですが、その前に必ず
しなくてはいけないことがあります。

離婚の原因が「浮気」の場合。

慰謝料請求するために、
探偵に依頼することがあるけど、

お金がかかることなので、
しっかり探偵選びをしたいものです。

そのためには、まずは
きちんとしなくてはいけないことを
お教えします。

当然と言えば当然のことだけど、
探偵に浮気調査をする時は
「無料相談」を利用してください。

相談をして

「ここなら任せられる」

「信頼できる」

と思えるようなようなところで
なければ、いくら料金が安いと
してもオススメはできません。

どんなに安くても、調査報告書に
納得できなかったり、
調査がずさんだったら
意味がありません。

また調査に失敗されたら、
高い勉強代になってしまいます。

依頼前に何度でも無料相談ができたり、

依頼中にサポートしてくれる
ところもあるので、
必ず確認をしてくださいね。

絶対にNGなのが
相談を早く終わらせて、
契約をさせようとする探偵社。

大手でなくても、口コミなどで
人気になっている場合は

断っても依頼がくるので、
そんなことはしません。

最近ではムリな勧誘はどの世界でも
少なくなってきていますが、

無料相談中に怪しいと思ったら
はっきり断っても良いでしょう。

そしてもうひとつ。

無料相談は電話やメールでも
良いけど、
依頼をしようかな?と思ったら、
実際に行って比較をしてください。

来社を断るところはオススメできません。

早く何とかしたい、
人に会いたくない

そんな気持ちから、さっさと調査を
依頼を・・・と思うかもしれません。

でも、人に言えないことを
調べてもらうので、

しっかり信頼できるところを
選びましょう。




調査をするならプロが良い理由は?浮気の2つの証拠のヒミツ



浮気調査2つの証拠

浮気調査をする時はプロに
任せた方が良いと言うのには
きちんとした理由があります。

いろいろと調査には方法があるけど、
浮気の場合には

自分でするより探偵に依頼した方が
良いと言われますよね。

お金はかかるし、自分で
できるだけしたいと思っても
なかなかうまくいかないことが
あります。

それにせっかく証拠を集めたとしても、

それが「浮気の証拠」として
認められなければ意味がありません。

実は調査をするうえで浮気の証拠は
2種類あるのを知っていますか?

ひとつめは「間接的な証拠」

これは多くの人たちが証拠を
集めている時に見つかるもので

確実な不貞行為の証拠でないものは
間接的になってしまいます。

例えば、ラブホテルの出入りや
浮気相手の家に行くなどは

・酔っぱらって介抱していた
・仕事の話や相談をしていた

など、明らかに怪しくても言い訳ができます。

もちろん、これらの間接的な
証拠もきちんと集めていくことで
不貞行為の証拠を有利にすることが
できます。

そしてふたつめは「直接的な証拠」

実際に性行為をしている写真で
あったり、夫の自供というのは
直接的な証拠になります。

探偵が集める証拠というのも、

間接的な証拠よりも直接的なものが
多いので、

調査報告書は裁判などで
浮気(不貞行為)が認められます。

間接的な証拠では証拠として
認められないことがあっても、
直接的な証拠となれば
言い訳はできません。

調査料をケチって自分で
浮気の証拠を集めた結果、

相手に拒否されて慰謝料ゼロに
なってしまっては意味ないですよね。

それなら、調査料を差し
引いたとしても、

確実にプロに任せた方が
賢い選択・・・と言えるでしょう。