主婦のドス黒い悩みなら!主婦革命 > 探偵の雇い方 > こんなはずじゃ・・・自分で浮気調査をした失敗談

こんなはずじゃ・・・自分で浮気調査をした失敗談


浮気調査がバレル

自分で浮気調査をした結果、
最悪な状態になることも・・・。

今、インターネットで検索をすると
たくさんの自分で浮気調査を
する方法があります。

まずは夫の様子をうかがって
みようと言うなら良いけど、

自分で調べてやろう!
と思っているなら
必ず気を付けてほしいのが
「失敗」です。

実際に自分でして失敗を
してしまった・・・
と言う例を少し紹介します。


浮気調査の失敗として
「証拠が見つからなかった」
ということがあります。

でも、見つからなかった
だけだったら
まだ良いかもしれません。

この浮気の証拠を探していることを
「夫にバレてしまった」
となると、最悪なのです。


夫との関係が

・夫が激怒をして別居することに
 なってしまった

・夫婦関係が破たんしてしまった

・「信用できない」と言われて、 
 離婚したいと言われてしまった

などのように、
修復不可能になってしまうことが
あります。

また、証拠が見つかった
としても

『不貞行為の証拠として
 認められない』

なんてことも・・・。


浮気調査で失敗をしないためにも、
やはりきちんとした証拠が
欲しいなら

プロに任せるように
してください。

ただ、浮気しているかどうかだけを
知りたいなら良いけど、

それでも夫婦間の溝を作ったり、
自分が離婚のきっかけを
作ってしまうかもしれません。

そんな覚悟がないのなら、
自分でしない方が良いでしょう。


自分でするということはリスクが
いっぱいです。

証拠が見つからなければ、
慰謝料請求ができなくなって

しまうこともあるので、
良く考えてから行動して
くださいね。

時間と労力以外のリスクも
しっかり考えていきましょう!





夫に見つかった!尾行を失敗したときの大きなリスク



尾行がバレル

プロにしても個人にしても
尾行をするうえで注意することが
あります。

浮気の証拠をつかむのには
重要なのが「尾行」。


探偵に頼まずに自分で
しようと頑張る妻もいるけど、

どんなにたくさんの協力が
あったとしても成功するとは
限りません。

特に知っておかないと
いけないのが、
尾行を失敗をした時のリスクです。


■その1『夫婦仲が悪くなる』

言い方が悪いけど、これまで
夫が浮気をして息抜きを
していたから

妻には優しくできて
いたとしたら・・・


息抜きができなくなることで、
ストレスを家庭に持ち込んで
来たり、

喧嘩が絶えなくなって
しまうかもしれません。

なかには「浮気をしたのは
オマエが悪いからだ!」なんて、

いままで我慢してきたことを
吐き出しまくり。


■その2『疑い深くなってしまう』

一度尾行が見つかってしまうと、
慎重になってしまうだけではなく
証拠さえも消されてしまうかも
しれません。

そうなると、プロが一生懸命
頑張っても尾行失敗に終わる
可能性大!



■その3『離婚してくれと言われる』

浮気をしているのは夫が
悪いかもしれないけど、

我慢の限界が来て
「もう一緒にいられない」と
判断されてしまうかも。

こうなってしまうと、
修復するための浮気調査
だったとしても

夫が慰謝料を支払ってでも
離婚をしたいと言い出すかも
しれません。

浮気をされたうえに離婚まで
言われてしまうと、
ショックですよね。



いかがですか?

浮気の証拠をつかんでギャフン!
と言わせてやる~と思ってたら、

自分では予想外の展開に・・・

そうならないためにも、
尾行は慎重に行わなければ
いけませんよ。